スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宅録のすすめ

取りあえず機材については置いておいて、というかもう別に紹介するような物もないしw

さて、なぜ家でのベース練習の時に弾くだけではなくて宅録するのか?

もちろん宅録というのは、自作の曲を自分でアレンジして
録音するということもあるわけですが、別にそんなのはMIDIで打ち込みしてもいいわけです。

得意なギター部分やベース部分は打ち込むより自分で弾いたほうが
思い通りに弾けるし、そっちのほうが早い。
ドラムやキーボード部分だけ打ち込みして、あとは自分で弾くというパターンに
なるのが、まあ俺の場合普通のやりかたです。

それとは別に練習のための宅録というのもあるわけです。

オリジナルでなく、練習のためにコピー曲を弾く時に、それをCDの音源とかに
合わせて弾いて録音するわけです。

弾いてる時は全然おっけーに弾けてるじゃんw俺www

とか思ってたりするんだけど、録音後に聴いてみると
まあアラが目立つわけです。

走ってる部分、もたっている部分が、あとから聴くとハッキリするのです。
そしてそこを意識しながら練習していくわけです。

たまに、毎日何時間も弾きまくってるぜ?とか言う人がいるけれど
そういうことを意識しながら弾くのと、何時間もダラダラ弾くのとでは
上達に大きな違いが出るですw

スポンサーサイト

機材  3

さて、家で弾くときはヘッドフォンでモニタリングしてるわけですが
どんなヘッドフォンを使っているかといえば、↓です。

MDR-CD900ST.jpg

Sony MDR-CD900STです。

モニターヘッドフォンとしては定番ですということで、右へ習えな典型的日本人なので
これを選択しました。

これを音楽のリスニングに使う人も多いみたいですが、
モニターヘッドフォンという性格上、俺はもっぱら宅録のモニター専用で使っています。
音質特性は非常にフラットなので、ミキシング作業には非常に有効です。

元々スタジオなどのいわゆるプロ用として開発されたものなので
一般に小売りとしては流通してなかったのですが、今は知名度も上がって
どこででも手に入るようになっています。

ただ、その性格上初期不良交換はしてもらえますが、メーカー保証はない(はず?)です。

もちろん楽器を家で弾くためにアンプを購入するのも良いんだけど
ライヴで使うアンプとは違うものになるだろうし、実際にライヴで使うアンプを
UX1なりZFX Plug-inなりで、モデリングしたほうが、完全に同じ音は
望むべくも無いけれど、いいんじゃないかなと思います。

その際PCスピーカーから音を出してもやはりアレな音しか出ないわけで
性能のいいモニターヘッドフォンを使うのが一番いいと俺的には思うわけです。


プロフィール

aksol

Author:aksol
メタル!メタル!メタル!!
長い冬眠期間を経て、再び地上に出たぜ!
愛用のギターを手放し、今度はベースだ!

カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。