スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

eBooster再び!

12月にeBoosterの記事を書きましたが、これはXPでReadyBoostを
実現するというソフトなので、当然OSレベルでReadyBoostに対応してるVistaでは
使う必要ないということで、Vistaでは動作しない仕様なわけした。

当然レジストしたものの、直後にVistaにしてしまった俺の環境では
まあせっかく金出してしたレジストも無かったことになったわけです。

が、ここに来て、Vistaでも使えるという新バージョン登場です。

Vista標準のReadyBoostは最大4GBまでという制限があるのですが
eBoosterでは、ファイルシステムがNTFSであれば、サイズ無制限で
割り当てることができます。

というわけで、新バージョン入れてみましたよ。

まずVista標準のReadyBoostをオフにして、eBoosterをインスト。
そして使っている8GBUSBメモリをNTFSでフォーマット。

Vistaでは問題ありませんが、XPだと通常USBメモリのような
リムーバブルメディアはFAT32でしかフォーマットできません。
ですからファイルサイズ制限で4GBの壁が存在します。
新しいFATであるeFATだとFATでありながら、4GBの壁がなくなりますが
eFATだとeBoosterが動きません、たぶんw。
ただしWindows7では、eFATで動くみたいです。(当然OS標準のものね)

そこでXPで強制的にNTFSにフォーマットする方法を書きます。

?【マイコンピュータ】にて該当ドライブを選択。

?【プロパティ】 → 【ハードウェア】 →【全ディスク ドライブ】 から
【USB メモリ】をあらためて選択。

? 【プロパティ】 → 【ポリシー】の【書き込みキャッシュと安全な取り外し】の
オプションを【クイック削除のために最適化する】から
【パフォーマンスのために最適化する】に変更。

これで完了です。

ただし、Windows XP では、ユーザが物理的に突然取り外しても、デバイスへの
ダメージやデータのロスを防止することを優先するようになっているので、
USB メモリの NTFS フォーマットは推奨されてません。
特に NTFS フォーマットにする理由がない方は、FAT で使った方が無難なようです。
eBooster専用に使うUSBメモリなら抜き差しすることもないので
問題ないと思います。

まあOSに標準で載っている機能を別ソフトを使って動かすのもアレなんですけど
ただまあ使った感じとしては、4GBでの使用から8GBフルに
使えるせいかわかりませんが、かなり重い使い方をしても軽快感はありますね。

相変わらずHDDへのスワップも非常に少ないですし。

ただこうなると気になるのは割り当てサイズ無制限というとこww

たとえば32GBのUSBメモリを使って全域ReadyBoostに割り当てたらどうなるか?
まあ予想ではあまり大きいサイズを割り当てると却って効率悪くなりそうな気が
しないでもないんだけど、そもそもキャッシュサイズの最適値というのは
どのくらいの容量なのだろうということで調べてみました。

マイクロソフトによると、基本的に搭載物理メモリと同容量。
そして搭載物理メモリの3倍の時に最大パフォーマンスを発揮するらしい。
eBoosterが仮にこれに準ずるとしたら12GB。
OS認識分だと9GB。
つうことで今の8GBでいいってことかな。

ただ一番重要視されるのは、容量よりも速度。
シーケンシャルアクセス速度ではなく、ランダムアクセス速度が重視されます。
シーケンシャルリードだけなら HDD も遅いわけじゃないから
ランダムアクセスで HDD とUSBフラッシュメモリでは
天地の差が出るからこその ReadyBoost になるわけです。

物理メモリも目一杯積んでて、でも少しで速くしたいという人には
USBメモリも安いし、いいんじゃないかな。


スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

aksol

Author:aksol
メタル!メタル!メタル!!
長い冬眠期間を経て、再び地上に出たぜ!
愛用のギターを手放し、今度はベースだ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。