スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zoom ZFX Plug in

一応ベースアンプは持っていたんですが、家で鳴らすと
家族からの苦情が絶えないでの、家でベースを弾くときは
Line6 Tone Port UX1を使ってヘッドフォンで練習していたわけですが
このたび ZOOM ZFX Plugin Packageというのを購入したのです。

これはS2t というZOOMのUSBオーディオインターフェイスと
ZFX Plug inというアンプモデリングソフトのパッケージです。
使い方としてはUX1と同じくヘッドフォンでモニタリングしながら弾くという感じです。
もちろんスピーカーからの出力もできますが、ギターとかなら
それなりの音が出るっぽいですけど、ベースだとその音の特性上
わりとしょぼい感じにしかなりません。
まあこれはスタジオとかででかい音を出せる時以外というか
しょせん家で周りを気にしながら出す以上、どんなスピーカー使っても
同じようなもんですね。

なぜUX1があるのにこれを買ったのかといえば、バンドルソフトに
Cubase LE4というレコーディングソフトがついていて
むしろこれ目当てに買ったといって過言ではないでしょうw

CA3C0014.jpg


実際UX1と比べてどうなのかといえば、個人的な感想ですが
ベーシストならZOOMのほうがいいかもしれないという感じです。
というか、俺の場合SANS BASS Driverを通して弾くので、あまりモデリングとか
関係ないわけです。
アンプヘッドやキャビネットを変更すればそれなりに音は変わりますが
基本的には全部SANSの音なってしまうので、あまり意味なさげです。
Cubaseについては、以前使ったことがあるので、操作に慣れてるし
使いやすいソフトです。

UX1の音は、俺の設定のせいもあるんだろうけど、わりと堅い音になってしまうんですが
S2tは、真空管が搭載されてるので、かなりウォームな感じの音で
俺的にはこっちのほうが好きですね。

まあベースなので割とシンプルな設定で使っています。

ZFX.jpg

スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

aksol

Author:aksol
メタル!メタル!メタル!!
長い冬眠期間を経て、再び地上に出たぜ!
愛用のギターを手放し、今度はベースだ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。