スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マウス

長年、といっても3年くらい愛用していたマウスが逝った・・・。

俺の愛用マウスは、マイクロソフトのNatural Wireless Laser Mouse 6000
mouse_ph019_1_img.jpg

で、この変態的なデザインがなんともしっくり来て
もう普通のマウスは使えませんという身体になっています。

取引先とかで、普通のマウスを使うと使いにくくて仕方がないし
ネカフェでも疲れます・・・。

んで、買い換えようと思ってはいるのですが、とりあえずということで
家にあった普通のマウスをつないでみたところ、最初は違和感ありありだったんですが
しばらく使っているうちに慣れてしまうわけで、人間の順応性は素晴らしい。

Amazonで、注文しようかと思ってみたものの、躊躇してきている自分の
一貫性のなさがとても腹立たしいと同時に、こうやって無駄なお金を
使ってきたんだなあとか思った。

よかったこと

さてWindows7 64bitにしてよかったこと。

1.サクサク動く
 これは単にVISTAがもっさりしてただけかもしれないのと
 64bitになって、使えるメモリ空間が大幅に広がっただけかもしれない

2.スリープ、休止がきちんと動作する
 これについては俺だけかもしれないけど、VISTAではけっこう頻繁に
 スリープからの復帰に失敗するっていうのが話題になっていて
 まあメーカー製PCではそんなことないのかもしれないけど
 自作マシンだとけっこう起きるみたいです。
 俺のPCもVISTAのころは、かなりの確率で復帰に失敗してました。
 というか、あまりに失敗するので使うのやめてました。
 でも7ではきちんとそれが動作します。
 これはかなり快適です。

3.変なエラーが起きない
 これもまあインストールしたばかりだからかもしれないけど
 なんというかWindows特有の変なエラー
 なんとかのメモリが参照できませんでしたとか
 あれが起きないですね

悪かったことは特にないかなあ
まあどうしても動かないアプリを買い直すのにお金かかったということかな
でもまあそれは想定内でw

あとちょっと気になる情報があって、いまCPUがcore7なんだけど
4つのコア+Hyper-Threadingで仮想的に8個のCPUとして認識しています。
で、実はビデオエンコードとかをやらない場合は、Hyper-Threadingを
オフにしたほうがパフォーマンスが上がるとかどうとか・・・。

ちょい気になるので、試して次回報告します?



システムバックアップ

はてさて、Windows7を使い倒してるわけですが
ある程度アプリも入れて環境もVISTAのころに戻ってきました。

そこで思い立つのは万が一のためのシステムバックアップです。

要はOSやアプリを入れて環境を整えたHDDを丸ごとバックアップして
万が一のOSクラッシュやHDDクラッシュの時に速やかに復旧するための
リカバリーデータですね。

んでもって例によっていままで使っていたバックアップソフトが
64bit版では動かないようなので、いろいろ探してみたわけです。

んで見つけたのがこれ
http://www.powerx.jp/product/catalog/safety/xap/

最近のはみんなそうですが、OSを起動したまま、ネットとか見ながらでも
システムがバックアップされます。

当然差分バックアップにも対応してるし、万が一の時は起動ディスクから
復旧すればあっというまに元通り。

てな感じで、これを書いている間もバックアップ中というか
バックアップ中ひまなのでこれを書いてるというか・・・・

リアルタイムバックアップ

さて、ちゃんと書きますよw。

昨日に続いてWindows7です。
OSのアップグレードで一番の問題となるのが、
いままで常用していたアプリの動作がどうなのかということですが
VISTAで動作しているのもののほとんどが動作するようです。

ただ常用しているアプリの中でメーカーサイトをのぞいてみると
Windows7では動作しません、と書いてあるものもあるわけです。

俺の場合、消えてしまうと困るものは、ローカルディスクと
外付けHDDでリアルタイムミラーリングをしているのですが
そのオートリアルタイムバックアップソフトが動かないのです。

正確にはWindows7では動作保証されていますが64bit版では
動作しないとなっています。

確かRC版ではきちんと動いていたので動くような気もするんですが
まだ試していません。

Windows7は64bit版で32bitアプリを動かす時に
WOWという32bitエミュレートを行うわけです。

ただWOWでは、ドライバー関連のエミュレートはできないので
ドライバー絡みののアプリは動きません。

まあそれはそれとして、Windows7にはバックアップ機能があるので
それを試してみました。

機能としては必要十分なのですが、スケジュールバックアップで
リアルタイムではないのですよね。
要は毎日(もしくは週一回何曜日とか)の何時に指定したデータを
バックアップするわけです。
ただこの場合毎日に指定していてもその時間にパソコンの電源が
入っていないと翌日になるわけで、翌日もその時間に電源が
入ってるとは限らないわけで・・・。

いままで使っていたものだと、指定してあるフォルダ内のデータに
変更(新規作成、上書き更新など)がされるとリアルタイムで
外付けHDDにバックアップされるのです。
変更されたものだけバックアップされるので、リソースの消費も
最低限で済むわけです。

やはりどうしても、仕事で使っているデータやファイルなどは
万が一消えてしまうとすべてが終わるので
きちんと動作するリアルタイムバックアップソフトがほしいなと思った。

再開

なんというか・・・しばらくの間というには長すぎる期間放置してました・・・このブログ・・。
まあなんというかゲーム三昧というか・・すみません・・・。

ということで心を入れ替えて心機一転再開します。

で、なんのことを書くかと言えば、Windows7を入れました。
まあ以前はRC版を入れてはいたんですが、今回製品版、しかも64bit版を入れてみました。

なぜ64bitかといえば、メインマシンはメインメモリが12GB積んであるので
それをフルに使いたかったからというそれだけです、すみません・・・。

で、どうかと言えば、やはり有り余るメインメモリ空間ということでサクサクのサクです。
通常使っているアプリに関していえば、32bitのものがほとんどなんですが
64bit版Windows上で、32bitプログラムを動かす仕組み「WOW64」(Windows On Windows 64)
がとてもいい感じらしく、パフォーマンスの低下は体感できないです。
通常アプリはProgram Files フォルダにインストールされることが多いわけですが
32bitアプリをインストールするとProgram Files (x86)というフォルダにインストールされ
64bitアプリとはきちんと分けられるようです。

一応ベンチなども取ってみましたが、メモリアクセスとHDDのシーケンシャルアクセスが
大きくアップされてるようで、その影響か32bitOSで32bitアプリを動かすのと
同じパフォーマンスになっています。

とまあ、入れたばかりなので今後いろいろ検証してみます。


プロフィール

aksol

Author:aksol
メタル!メタル!メタル!!
長い冬眠期間を経て、再び地上に出たぜ!
愛用のギターを手放し、今度はベースだ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。